• 四ツ葉鍼灸接骨院
  • 岡崎ふたば接骨院

ブログ

今年も1年、怪我無くいきましょう。 |  岡崎市の四ツ葉鍼灸接骨院

新年あけましておめでとうございます。 |  岡崎市の四ツ葉鍼灸接骨院

 

今年は壬寅(みずのえ・とら)ですね。

壬寅とは、数字の一から十を数える十干(じっかん)と、12種類の動物をなぞらえた十二支(じゅうにし)の組み合わせによりあらわされています。

干支(えと)とは、十干十二支(じっかんじゅうにし)と呼ばれるものの略称になってます。

 

壬には、生まれる、止まることなく流れるという意味があり、

寅には、もともと演じるという漢字が由来とされており、人目に立つ、意見、説明を述べるという意味があり、

二つを組み合わせると、「新しく芽吹き始める」、「生まれたものが成長する」、「歩み始める」といった向上、成長の意味合いがあり、新しく物事をするにはうってつけの時期であります。

素敵な1年を過ごすためにお身体にも気をつけていきたいですね。

 

今年は動き出す年ということで、今回は足の症状をとりあげますね。 |  岡崎市の四ツ葉鍼灸接骨院

足の症状といっても捻挫、打撲、肉離れ、骨折、脱臼などたくさんの症状が挙げられます。

 

今回は特に多い捻挫についてご紹介していきます。

捻挫とは、関節に力が加わり、レントゲンで骨折や脱臼がみられず、異常がないもので、筋肉や腱、靭帯、関節包といった軟部組織を痛めた状態のことを指します。

足関節の捻挫では、内返し捻挫といった足の指が上側の方向(足首の動きが大きい方向)になるように捻る捻挫が多くみられます。

骨の構造上、外くるぶしが内くるぶしより低い位置にあるため、内返し捻挫が多くみられます。

スポーツや、高いところからや階段の踏み外しで起こることがあります。

捻挫をしたときに外くるぶしの前下方が引き延ばされ、そこにある靭帯(前距腓靭帯)に痛みが出やすく、損傷しやすいです。

そして、足首にさらに外力(強い力)が加わると外くるぶしの真下、後ろ側の靭帯も損傷することがあり、その場合だと損傷の程度がとても酷い状態であります。

捻った直後には、炎症がおき、内出血がおきやすいです。そのためRICE処置をすることがいいです。

 

RICE処置 |  岡崎市の四ツ葉鍼灸接骨院

 

RICE処置とは、外傷を受けたときの基本的な処置であり、R:Rest(安静)、I:Icing(冷却)、C:Compression(圧迫)、E:Elevation(挙上)の頭文字をとったもので、内出血や腫れ、痛みを抑え、けがの回復を促進する効果があり、誰でも行えますので知っておくといいでしょう。

また、ただの捻挫だと思って放置しておくと、捻った際に骨の一部が骨折したりする可能性もあるので、一度、接骨院や病院に診てもらうことも大切になります。

 

遅くなりましたが今年も1年よろしくおねがいいたします。

四ツ葉鍼灸接骨院についてはこちら!!

アクセス

四ツ葉鍼灸接骨院

〒444-2135
愛知県岡崎市大門5丁目1-15

受付時間
9:00-12:00 ×
15:30-19:50 ×
  • LINE
  • Instagram

岡崎ふたば接骨院

〒444-0821
愛知県岡崎市庄司田3丁目1-7

受付時間
9:00-12:00 ×
15:30-20:30 × × ×
  • LINE
  • Instagram
  • 産後骨盤矯正のInstagram